ブロッサムズ

インタナショナルスクール教育哲学

​ブロッサムズでは、幼児教育(Early Childhood Education、以下ECE)に相互型アプローチ(INTERACTIONIST APPROACH )を使用しています。


本性 ECE次期に対するこのアプローチは、生物的本質と環境、他人との相互作用を通じて決められる本性に焦点を当てます。
相互型アプローチにおける大人の役割 教科書、教育課程基準、本や言語学習DVDからは真の学習は行えません。子供たちは周囲の人々、特に、両親や先生との交流によって学びます。
相互作用の重要性 相互作用は、関係から生まれます。大人でも子供でも関係をリードすることができます。子供と大人が自分の考えを互い交換する際、「共有される持続的な思考」と呼ばれる関係が作られます。この作用によって学ぶことができます。

バイリンガル教育(二重言語教育)
今の時代、英語は必要不可欠なものとなりました。英語を学ぶことは、多くの利点があります。特に、幼児期の英語教育は、子供に多くの利点をもたらします。
二重言語学習/同時習得 幼児期における第二言語の学習について、多くの神話や誤解が存在します。たとえば、第二言語の学習が早すぎると母国語の学習を妨げるといった仮説です。しかし、これらの仮説は、第二言語習得や認知発達の研究では認められておりません。それぞれの研究では、幼児期に2つの言語を学んでも、言語発達遅れは発生しないことを指摘してます。

 
 
 
 

幼児期の言語学習 子供は素晴らしい言語学習者であり、幼い頃からでも言語学習を始められます。子供たちは自然に回りで使われる言語を学習します。つまり、アシスタントティーチャー、担任先生、他の生徒と英語で話す時間を保つ環境を造ると、子供たちは、英語のネイティブスピーカーが英語を習得する方法と同じ方法で英語を習得できます。

重要時期仮説 子供が良い言語学習者であることは異論のない事実です。子供は自然と言語習得能力を持っていて、言語を明示的に教えなくても習得できるといわれてます。また、周囲の人々と交流することで自然に言語を学びます。残念ながら、この能力は成長するにつれ消えていきます。母国語の学習と同じ方法で英語を学習し、言語学習能力が最も活発化される期間は限られています。このように、言語を自然と学習できる最も重要な時期は、6歳以前だといわれています。音声学の研究によると、6歳以降に言語を習得し始める子供は、母国語と同じような方法が活用できず、ネイティブのような発音は学習は、年齢があがるにつれ減少すると指摘しています。思春期の後に脳の偏向発達により(脳の各部分が別々の機能をコントロールする)、ネイティブのような発音や直感的に文法を学習ることは非常に難しいという仮説があります。
保護者の影響力 日本に居住する子供たちが自然な方法で英語を学ぶ機会はあまり多くありません。学校での英語教育は、言語の機能的能力を伸ばすには不十分です。このような要素を補完するため、英語を使用する保育園、幼稚園に通うと、非常に効果的でかつ自然な方法で英語を学べます。子供たちが長い人生の中で活かせる能力を与えるのは、保護者様です。是非、ブロッサムズにてお子様の能力を伸ばせるチャンスを与えてください!

 

教育方針
以下、ブロッサムズの先生たちが教育者としの信念、生徒への教え方や思いやりにおける方針を示します。

  • 生徒の内在的な動機を促進する。

  • 生徒のために、身体的、精神的に安全な環境を確保する。

  • 生徒の周りの人々、特に両親と先生は、幼児期に最も影響を与える存在である。

  • 生徒の個性の育成のみならず、社会的責任を教える。

  • すべての生徒を教育する。

  • 幼児期は、人生の中で最も重要で価値のある時期である。

  • 生徒の自己効力感を育成する。

 
 
 

© 2019 by Blossoms International School. All rights reserved.

お問い合わせ: 03-5534-8861   /   blossoms.inter.school@gmail.com / 東京都中央区佃3-2-10